リスタート

講座を受けていると、どうしても初歩のわかっている話になると、ああ、そこは知ってるから、と聞き流して自分には関係ない、とスマホを見たり、手帳を見たりして別のことを考えられているような人の姿を見かける。

自分はもっと知らない新しいことを知りたい、という目的だからそうなってしまうのだろうか。

でも同じことを聞いても聞いて感じる自分が昨日の自分とも去年の自分とも違うとなれば、同じことを聞いても気づきは違うのが気学の学ぶコラボレーション。

気学の廻座は人間の命から考えたら、まったく同じ年月日は二度と経験しない。

同じように見えるものの中にも必ず変化しているものがあるから、そこに気づきもあり、そこに気づけるかどうかはきっと意識していないと掴めない。

日常生活でも、ただ毎日を同じ繰り返しだと過ごしていては大事なものに気づけない。

日常生活の中にも、気という動きは確かにあって、八白中宮は停止したり切り替えたりしないといけないことが起こったり、天候もあらわすから天候が荒れたりということもあるし、色々気を意識することで気の流れを感じる。

それがその気を感じたからすぐ直接自分にラッキーにつながるのではないとなれば、つい見過ごしがちになってしまうかもしれないけれど、そういう普段の細かい部分に目を向ける思考回路を作っておくことが、チャンスを逃さない思考回路を作ることになるのにもったいないな、と思える。

今年は九紫中宮。

復活の年。

今まで学んだことはあるけれどたいしたことない、と思ってやめた人が復活することは、九紫の気に乗ることになるから輝いていく。

今日は八白中宮切り替えの星。

大胆に自分を切り替え、学びをリスタートさせることを決意することもいい流れの一日。

NO IMAGE

今月は一白中宮

今月は一白中宮。 どうしても苦労に感じることも多い。 でも一白水星は水に流す意味もある。 苦労を、苦労させられた、と深く根に持つのでは...

NO IMAGE

大阪北部地震

本日所用のため、名古屋で地震のことを知った私に、自分も仮吉方で忙しい妹が逐一最新情報を教えてくれたり、帰路のアドバイスもくれたりして、なんと...

NO IMAGE

二黒土星の性質から

子供さんが偏食だったり食が細かったり、というのは親としては悩みの種。 なかなか工夫しても難しいということもあるのでしょうが、気学で胃は...