五大真理の読み下し『一字名前』

一字名前の特徴

一字名前は、どうやっても吉にならない。

読み下しが出来ない=意味が成り立たないため、凶名になってしまう。

字の意味が完結していないので、物事の”けじめ”がつけられず、嫌だと思うと、どうにもならない。

一字名前の人の特徴は何事も安定せず、長続きしない。

小さな努力で大きな結果を狙い、思い通りにならないと辞めてしまったり、長続きするつもりでも、ダメになりやすく、辞めたくなくても辞めざるを得なくなったり、まあいいや、とだんだん楽な方へと転がっていってしまう。

一字名前は、陰陽配列も崩れてしまうので、人間関係、健康、お金との縁に恵まれなくなってしまう。

だからうまく進めず、不満を抱きやすく、やる気を失い、自堕落になりやすい。

簡単に全て放り投げてしまったりする。

一字名前は、40代を過ぎると、だんだん落ちていき、短命。

一字名前の改善法

こういう話を聞いて、自分自身が一字名前だったり、自分の身近に一字名前の人がいたら、落ち込んだりしてしまうかもしれません。

でも、改善方法があるから大丈夫。

五大真理が整った二文字以上の名前をつけて、通称名として周囲に認知してもらうことで人生が変わってきます。

今はインターネット時代。

フェイスブックなど、整った通称名で新たに作ってみたら、その違いがよく判るという話も聞きます。

元々の名前でしかやりとりの無い関係と、整った名前でのやりとりのある関係は全然違うらしいです。

姓名鑑定は、天体学で外れることが無い気学と違い、占い的要素が強く、100%ではない、とは言われます。

一字名前で著名な人もいる。

3000人に一人は名前の凶を乗り越える人もいると聞く。

でも凶を乗り越えるとが簡単なことではないことは想像に容易。

凶名のまま苦労するより、通称名を使うことで、人生整ってくるなら、近道を進まない手はない、と個人的には考えます。

五大真理の姓名鑑定に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

happy_kigaku@yahoo.co.jp

【五大真理に関する記事】