2017-01

恵方参り

恵方に神社が無い場合

恵方に神社が無い場合 恵方参りの方位は、毎年の十干によって違います。 その方位に神社仏閣が無い年もあると思います。 一年間、恵方参りに行けない…とガッカリされるかもしれません。 でも恵方参りとは、智慧とチャンスを与えてもらうた...
心理、思考

本当の心を知る

自分で自分のことはわかっているようでわかっていない部分もある。脳は自分に辛すぎることを直視すれば苦しいから、辛すぎないように制御して問題をすり替えてしまう。常に問題は自分の中にあるのに。自分でわかっていると思っていることは都合のいい解釈でし...
気学の魅力

六白金星と苦労

六白金星の人は頭がいい。何が最善かしっかり調べ、最短距離を進んでいく。確かに機械なら効率よく動かす技術は大事だけれど、でも人間は機械じゃない。いろんな感情があって、白黒はっきり決められないこともあって、苦労だって回り道だって「経験」となるか...
幸せになりたい方へのメッセージ

面倒に感じる親

例えば口うるさい親御さんがいるとか、例えば体が不自由になって手が必要になってしまった親御さんがいるとか、身内なだけに気苦労は多く、大変だと聞く。でも例えばお母さんが、小言も言わず、手もかからず、元気でピンピンしている人だったとしたら、自分は...
心理、思考

捨てられない心理

捨てられないからモノが増える、散らかる、となりがち。まだ使いそう、と、新しいのを買ったのに古いものを捨てられずに残しておおく場合だったり、廃盤などで気に入っているものが買えなくなったら困るからとか、安かったから、と多めに買い置きしてあったり...
金運

開運財布選び【実践気学ノート】

身の回りのものは最大吉方の色を積極的に使いたいです。 でもお財布はお金を担当する七赤金星の色=薄いピンクやオレンジが良いと言われます。 七赤金星には出すと入る、という意味があります。 そして、貯まる、止まる、という意味から内側は八...
気学の魅力

答えは一つ?

気学は古い学問。 だから今の時代に合っていない、と思う人もいる。でも生物上、父親と母親から生まれ、成長し、死んでいく。 本質的な部分は今も昔も何も変わっていない。気学を学んでいて感じるのは、今の人は答えはいつも一つだと思っているところかもし...
気学の魅力

陽遁と陰遁から学ぶ

今朝はフロントガラスが凍っていた。1月2月とまだまだ寒い日は続く。でも気学では、暦は陽遁。地上の寒さが厳しくなる流れとは裏腹に地中では温まる流れが起きている。天地の流れは色々なことを教えてくれる。苦難の中でこそ、上向きになっていくことに目を...
気学の魅力

三碧の日は本当に青いものにあふれているのか?

日盤吉方を取って、日々の生活の中で、この現象は九星で見ると何の現象だろうか、という思考が当たり前になっていくと、気学を知らない人には、気学にとらわれ過ぎているように映るかもしれない。それに、日々気学を活用していると、三碧の日だからやっぱり大...
スポンサーリンク