2017-02

心理、思考

気学を学んで陥りがちなこと

気学に限らない部分もある話ですが、自分が正しいと思って学んでいることがあると、 つい、周りの人は正しくない、間違っている、 こうしないからダメなのに、 という思考になってしまうこともありがち。 あの人はわかっていないから仕...
気学の魅力

浅慮

気学を学んで、本当によく感じることは、もっともっと視野を広く持つ必要がある、ということ。 戦略と戦術、という話が気学講座でもよく出るけれど、言葉としてはわかっていること。 人の思いの裏を読み取って問題を解決しないと本当の解決にならな...
仮吉方,吉方取り,引越し,方位

顕現までにしたこと

取った吉方から顕現期チェック 手帳もハンドブックも知らないページ、使っていないページがいっぱい…と言う声があって、講座の準備で手帳を見ていたのですが、自分自身一度も使ったことが無かった『顕現期チェック表』のページに自分の顕現期を書き込...
五大真理の姓名鑑定

改名(選名)でもっと幸せになれる

姓名鑑定は気学と違い天体学ではないので、3000人に1人は名前の凶を乗り越えていく人がいる、と言われますが、やっぱり、色々なニュースに上がる名前などで勉強させてもらう中、かなりの確率であまり大きく外れてはいないと感じます。 ただ、中に...
気学の基礎

幸せはどこにある

 気学の教えてくれる幸せの場所 幸せはどこかにあるわけじゃありません。 不思議の国のアリスのように、自分の体が大きくなったり小さくなったりすれば、それだけで自分の見える視野、世界観は変わります。 それは周りの変化はまったく無くても...
人間関係の悩み

人への不満

自分はしっかりやっているのに、周りの人はちゃんとしない。 調子よく手を抜いたりして、うまくやっているとか、その尻拭いが自分に回ってくるとか、色々あったりする。 そうすると理不尽に思ったり、腹を立てたり、不満に思ったり、してしまいやす...
気学活用

気学は窮屈じゃない

気学で外したくない部分 気学を学んで実践しようとすると窮屈になる、と思う人がいるかもしれません。 だから出来る範囲でとか、そこそこに? と言ったりする人もいるかもしれません。 確かに、日盤でも凶方だからお友達との誘いを断る、という...
気学の魅力

知識欲と人に活かされる話

気学の勉強でもなんでも、自分の知らなかったことを知ることは、すごく知識欲が満たされ、嬉しい、と感じることだと思います。 でも、嬉しい、で完結させてしまっていないでしょうか? 知らなかったことを知ることは、教えてくれる人がいる、という...
心理、思考

“いい”の種類

質問のやりとりの中で。Aさんが「○○やるのですが、いいでしょうか?」と聞くとする。 Bさんは、本当は止めたほうがよいと知っていることでも、死ぬようなことでない限りは「いいんじゃないの」と答えるしかない。 だって本人(Aさん)は「やる」と言っ...
心理、思考

人の言葉

気学を学んでいると色々な場面でいろいろなことを考えさせられる。人の言葉一つとっても、たまに間違っているなと思える発言があるとき。もちろん間違った情報は間違っている事実は変えられない。でもその間違った情報を聞いた時、それに対して発言した人のこ...
気学の魅力

悪い出来事を事前に知ること

占いなどで、悪いことがありますよ、と事前に知ることが出来たら回避できる? 悪いこと、の種類にもよるけれど、今日は怒らないこと、と事前に言われていたとして、確かに怒らずにいることは出来るかもしれない。 でもそれは、カチンときた後の話。...
気学の基礎

気学という学び

気学を学んで得る幸せは、絶大な安心感。それは未来の展開がわかるから安心、という意味ではなく、何を失敗してもそこから飛躍していける自分を作ることが出来る、という部分。九星の意味合いを学ぶ、ということは、命の理-ことわり-を知ることにつながって...
気学活用

2017年(2/4)立春から一週間以内にやっておきたいこと

気学上、今日から2017年がスタート。 今年はその星の上に廻座させていただきます、という気持ちをこめて、自分の廻座する星の色のものを買われるといいと言われます。 今年食品以外で一番最初に自分のものを買うときの色です。 だいたい一...
スポンサーリンク