2017-08

悩み、不安、迷い、問題

病気の心配

母も老齢になってきて、今は元気だけれど、やっぱり病気を心配している。 病気かぁ…と色々昨日考えていて思ったこと。 それは病気になればどうなるだろう? あれもやりたかったのに、これもやりたかったのに、どうしてこんなことに? など、色々...
目標、夢、願い、望み

人を動かす

年盤月盤一白中宮が重なるのを前に、今一人一人の決意決断がやっぱり大事なときに来ていると思える。 いつも目標は、今ちょっと頑張れば叶えられるかな、という思いではなく、これ、本気で叶えられるかな? ぐらいの望みでなければ、人は自分の持っている...
気学の魅力

火事場の馬鹿力を出す

人は困難に陥ったら、絶対そのまま進みたくない、という思いで何か回避策を探そうとする力がある。 そのとき、自分でも気づかなかったような、思いがけない力が出せる。 だからこその陥入。 やっぱり辛く苦しい体験がある人の「もっと自分の夢を叶え...
気学活用

展望と開運の一つの読み方

今年も立秋が過ぎ、後半に入っている。 来年の手帳が徐々に出始める時期。 来年はどういう年になるだろうかということも気になってくる。 同時に今年、年盤月盤が重なる来月を前に、やるべきことをやれているか、色々気になる時期でもあるかもしれな...
五大真理の姓名鑑定

名前が悪いと知った時

自分の名前で、そんなことで人生が切り替わるなら…と思えるなら、名前を変えることはオススメ。 何も戸籍から変えないといけないわけではなし、通称名として使うことで人生は変わってくるので。 でも例えば家族の場合は、どんなに変えるとよくなる...
気学活用

仕事に活用できる【二生の関係】

二生の関係とは 三碧木星・六白金星・九紫火星・八白土星のグループ。 四緑木星・七赤金星・一白水星・二黒土星のグループ。 これらの星は前世、先天的なつながり、深い関係性があります。 九星には相星がありますが、仕事をするときは、一見相剋...
運気、運勢、廻座

人の幸せを願う

人のために活動したり、人の幸せを願うことは良いことのように思える。 でも、どうしても相手の反応によっては、これだけしてあげたのに、何あの態度?となったりもしてしまう。 だからやっぱり常に主体は自分でないと、うまくいかない。 自分がした...
気学の魅力

UVケア

もう8月もそろそろ終わり。 今年もたくさん日焼け対策で、日傘や、顔が見えないようなサンバイザー?をつけている人やら、色々見かけた。 UVケアということはシミ対策。 シミは五黄。 最近の異常なまでのケアを見ていると、五黄に対しての敏感...
五大真理の姓名鑑定

名前の影響

名前は自分の人生の宣言のようなものです。 上司とぶつかりたいと宣言する名前。 波乱万丈を望むと宣言している名前。 病弱になりたいと宣言している名前。 意味を知っていたら絶対宣言しないはずの言葉を、名前という形で常に宣言し続け...
気学の魅力

追っかけと同じ

自分自身、毎日メールで勉強させてもらいながら、ネットに出ている情報は本当に一部だと思う。 あれだけの情報があるのに?と思うかもしれないけれど。 アイドルでも何でも、追っかけて得られるものはたくさんあるだろうけれど、それはあくまで自分...
気学の魅力

悔いの無いように

天候に恵まれ、素晴らしい皆既日食がアメリカで見られたことをテレビでやっていました。 次に皆既日食が日本で見られるのは18年後。 誰だって生まれた時から死へと向かってはいるものの、若いうちの普段は死を意識することは少ない。 でもそろ...
金運

正論

七赤の人は正論で相手を追い詰めがち。 その七赤は七赤"金星"というようにお金の星でもある。 「そんなやり方でいいわけない」 「そんなのやり方が悪い」 「そのやり方がおかしい、間違ってる」 出費が止まらない、というの...
気学の魅力

取捨選択

確かに何にしてもやりたいこと全ては出来ないかもしれない。 体は1つだし、時間だって使えるお金だって限りはある。 やっぱり何かのためには何かをやらない、という切り捨てる選択が必要にもなってくる。 でも、何かの学びのチャンスがあるとし...
気学の魅力

もったいない

せっかく頑張るなら、今やってることが必ずよくなる結果に繋がっていると思いながらやりたい。 でもホントかな~、無理なんじゃないの~?という気持ちがあると、やっぱりいい結果に繋がりにくい。 だから、気学を実践して、今やってることの方向性は間...
気学の魅力

同じ話でも

先日、終戦記念日ということもあり、テレビで、戦争を振り返るような番組を見かけました。 その悲劇を繰り返さないためにも、そのときの痛みや悲しみを語り継いでいく必要性なども言われていました。 でもどうでしょうか? どれほどの深さで、戦...
運気、運勢、廻座

徹底だ

やっぱり徹底だと思った。 どうしてそんなことが出来るのか。 どうしてそんなふうに思えたのか。 世の中には天才?!と思える人が現れて時代を作ってきたわけだけれど。 やっぱり、自分は何をするために生まれたのか、という根幹に手をかけ、...
心理、思考

保という字から

勉強をしていて、「保たれる」という言葉に、フッと感じたこと。 「保」という字は姓名鑑定でも使わない字。 でもそれとは別に、なるほどと感じたこと。 気学は「気」の流れを学ぶ。 止まると腐ることを学ぶ。 保たれる、保つ、という...
気学の魅力

テクニックを磨くこと

「指原莉乃がキレイになり過ぎてる! 2008~2017、画像と共に振り返る脅威の垢抜けぶり」 指原さんに特別興味は無いのですが、この記事を見ていて感じたことがありました。 2010年5月の指原さん。決め決めの自撮りにも関わら...
気学の魅力

よいことはわかっていても

「30年間も"自分探し"を続けた50代の末路」 という記事を読みました。  以前見た韓国のコメディー映画で、こんな言葉がありました。  「したいことができるのは神様だけだ。人は自分ができることをするのが一番だ」 ...
気学の魅力

二者の関係

ものすごい実のなる種、ものすごい花の咲く種があるとしても、それを育てて伸ばす土が肥沃でなければその種の価値は価値を発揮できない。 大事なのはその種を求めると同時に、自分の土をいかに肥沃にしておくかということ。 土と種、片方だけでは成...
スポンサーリンク