九星気学風水とは

「風水」と言えば、聞かれたことのある方も多いと思うのですが、

  • 玄関に置くとよいもの
  • お財布にいい色
  • 何か幸せに導いてくれる、よく効きそうなおまじないのようなもの、でしょうか?

本来、「風水」の正式名称は「九星気学風水」、と言って「家相」のこと。

「風水」イコール「家相」

そしてその「家相(九星気学風水)」とは
家の間取りなどの相(そう)のことだけでなく、土地や環境の相(そう)も含めたものを示し、四千年程前に「気学」から生まれたもの。

その「風水」が明治から昭和にかけて、特に大正の頃、日本で園田真次郎が中心となって精緻に「家相」として完成させたのだそうです。

私が勉強している「マインドズーム」webサイト内にあった下記文章を引用させていただきます。

「政治経済、社会、文化、宗教など、多岐な分野に渡り、将来を予測し、生き方の指針を得、 自己の向上をはかる「社会運勢学」を学びます。その中心となるのが、九星気学、家相風水、姓名鑑定等の「九星気学風水」です。九星気学風水を学ぶことで、「気」を活かし、自分自身が幸せになる方法や、人を幸せに導く技術を学習します。」

という記載があり、九星気学、家相風水、姓名鑑定等を広くまとめて「九星気学風水」という呼び方をされているようです。