大いなる応援の力

ここのところ忙しくしていて、でも次の線路の日は更新しよう、と思っていて、いざ、今日は朝から張り切っていました。

でもカレンダーを確認して「あれ?」

ガーン…

線路日間違えてました…。

線路日は三日に一度回ってくるのですが、何だかここのところ忙しかったせいか、昨日の予定が終わったら線路日、と思い込んでいてすっかり間違えてしまいました。

これも気の緩みを教えてくれたのだとおもいます。

しっかり着実に。

正式に2016年は明日の立春からですが、その2016年がもう始まる直前まで来ているのに、2016年やるべきことはわかっていますか? ちゃんと準備できていますか? 内面を整え着実にやっていくことを「忘れていないですか?」と宇宙さん(笑)に肩をトントンと叩いてもらった感じです。

宇宙と言う言葉を使うのは最初ものすごく抵抗があったのですが、深く勉強するにつれて、やっぱり自然界の力、というより宇宙という大きな存在のお手配なんだなぁとしか言いようのないことがだんだんわかってきました。

ちなみにこの宇宙さんが教えてくれること、というのは全く霊感とかそういうのではないのでお間違いなく。

九星気学(社会運勢学)を学んで研ぎ澄まされるのは直観のほうです。
私の先生は霊感は絶対ダメと言われます。
この直観力が付かなくなるから。

いわゆる自然界に住んでいる虫も動物も、多分別に霊感で危険を察知するわけではないじゃないですか。(笑)
でも何か自然界の危機が起こる前は、自然に回避しようとどこかへ移動したりする行動を起こせる。

これは宇宙のお知らせをしっかりキャッチする直観力がきっとすぐれているからなんだと思います。

でも人間は感情がそういう直観力を鈍らせてしまう。
そして危機をせっかく宇宙さんが教えてくれているのに回避できない。

そこで自我を無くすというか、自分が目標に向う、という気持ちを高めれば、周囲の雑音に振り回されることも無く、目標のために頑張る力もわくし頑張れる。

頑張る人には宇宙も応援してくれて後押ししてくれる目標達成のための課題をくれる。

そういう循環の話も社会運勢学(九星気学)を学んでいると色々な角度から理解が深まります。

いつもならここでメール講座のご案内をさせていただくところですが、立春明け5日より新たな試みに入ります。

先日ちょっと別の新たな試みをやりかけたらおもしろいように反応があって、あぁ、これは私の目標には違う手段なんだな、とよくわかりました。(笑)

思ったことをとりあえず行動に起こせば、ちゃんと宇宙さんが答えを返してくれる、という貴重な体験。

まだギリギリ三碧中宮の年。

行動の大切さを改めてしっかり教えてくれました。

その後、自分の目標を揺らがない目標として新たに自分の中に一本筋を通らせるように意識することで、また新たな道筋が見えてきました。

またその話は別の機会に。

-shared-img-thumb-ELFA_45IIMG_1521_TP_V