大開運日、財布の使い始め、縁起のいい日

気学や占い、暦の情報を見ていると「大開運日、財布の使い始め、縁起のいい日」というものの情報がよく見られているようですね。

これ、みなさんどれぐらい成果が出ているのでしょうか?

成果が出ている方はいいと思うのですが、宝くじのようなギャンブル性のものは別として、良いお買い物をするなら個人の吉方に行けばいいし、財布の使い始め、その他、開業、入籍などは線路の日でいいです。

それだけ? もっと効果の高そうなものは無いの? と思うかもしれません。

でも金運、成果、というのは六白金星と七赤金星の金星二つが担当していますが、このうち六白金星は「公正」という意味があります。

乾(宮)とも呼ばれ、この乾という字は健という字の意味にも通じ、健康の健という字であり、同時に健全な考え方、という意味もあります。

健全な考えを持たないと、せっかく吉方を使い、線路の日を活用しても、六白金星の持つ金運や成果は得られない、ということです。

そしてもう一つの金星である七赤金星の担当する意味は人を悦ばせる、ということ。

いかに人を悦ばせ、健全な心で行動を起こしていかなくては金運を高めることには通じない、ということです。

気学は欲しい結果に対して、何をどうすればよいか、というものが論理的にわかる学びです。

気学メール講座、メール鑑定は下記までお問い合わせください。

happy_kigaku@yahoo.co.jp

-shared-img-thumb-PAK85_chirabarukinkai1278_TP_V