よいことはわかっていても

「30年間も”自分探し”を続けた50代の末路」

という記事を読みました。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170810-00022795-president-bus_all&pos=2

 以前見た韓国のコメディー映画で、こんな言葉がありました。

 「したいことができるのは神様だけだ。人は自分ができることをするのが一番だ」

 まずはいまの仕事を好きになることが大切です。

世の中にはたくさんいい情報があります。

なるほどと思って、いい方法がわかったんだから、あとはそれをやればいい、となる。

でも本当にやれる人はどれぐらいいるでしょうか?

方法がわかるのと、出来るのとは別問題。

方法がわかっても、脳の癖は変えにくいもの。

だから方位を用いる。名前を整える。

そういう方法が効く。

何故なのか?

やりたいと思うのは心。自分の内側。

でも今の環境は外側。

何かを動かすとき、一方向からだけ動かすのと、二方向から動かすの、どちらが動かしやすいかを考えれば明白。

環境だけ変えても心が頑なな場合はなかなか変わりにくいし、心だけ変えようとしても環境がそれを許さないことも多い。

環境を変えて引っ越ししたり、出かけたりすることで気分も変わる。

名乗る名前が変われば当然別人にでもなった気分になれる。

そしてどうせ行動を起こしたり、形を変えるなら、悪いものを選ぶより良いものを選びたいもの。

穴の空いたバケツにせっせと水を汲んでも溜まらない。

せっかくのいい情報を十二分に活かすためには、しっかり水をためられるような、良い環境を整えておきたい。