縁日はやっぱりすごい

先日から主人にしたい話があった。

主人とは考え方があまり合わないので(笑)、いつ言おうか…と迷っていた。

縁日だ!

そう、気学を勉強しているなら、盤面を活用しなくちゃ!!ということで、主人と私の縁日を150829292440_TP_Vチェック。(※写真は借り物「ぱくたそ」さん*祭の縁日とは違います)

決行は今日か明日だ!!と思っていた朝一番。

主人のほうから話を振ってくれた!

同会通り

縁日は、自分の星と相手の星が同会するとき。

自分から話を振った方がいい日、相手からの話を優先した方がいい日とある。

同会されている人が主導になるほうがスムーズなので、その通りに自然となった。

夢を叶える思いの強さ

夢は思えば叶う、とよく言う。

確かに夢を描けなければ、叶う夢も無い。

思いは大事。

でも思いだけで枕の下に願い事を書いて寝れば叶うようなものでもない。

思いがあれば、やることはやれるはずでしょ?ということ。

夢への思いを強くすればするほど叶う、というのは、叶えたいと強く思える夢なら、何だって出来るはず。

イコール、自然と、行動もともなってくるもの、ということ。

内気と外気

宇宙の法則、自然界の流れは、陰と陽、内気と外気、というように絶妙のバランスを保っている。

自分の気持ちが内気、行動していくことは外気。

内気と外気、両方が伴わなければ、そこから生まれてくるものは無い。

そして、その内気と外気を「気」の流れに沿ったものにすれば、力は追い風に乗っていく。

昔は気学、易は君主のような人たちが学び、活用し、国を治め、夢を叶えていった。

夢は所詮夢、なんてあきらめモードになっている人がいたらもったいない。

絶対叶えたい、と思えば、自分の進むべき道は見えてくるし、「気」の流れまで活用できれば、その道がより明確に見えるようになってくる。

秋、徐々にその深まりと共に来年を意識する機会も増えてくる。

来年、3年後、5年後、10年後、後悔しないために、今やれることをやりたい。

夢を叶えていく自分を作る九星気学(社会運勢学)をお教えしています。

お問い合わせ、ご相談は下記までお願い致します。

happy_kigaku@yahoo.co.jp