縁日とは

縁日とはどんな日?

縁日はご縁の日。

  • 縁談
  • お仕事で大事な契約などまとめたい話があるとき
  • 営業をかけるときなどの商談
  • 言い出しにくい話

縁日で会うと良い結果に結びついたり、意思疎通がしやすい。

吉方を合わせられるときは吉方も使う。

仕事上で契約をする日は線路日も使う。

縁日はどう使う?・必要な情報

相手の本命がわかるときは本命と自分の星で

相手の本命がわからないとき、

または複数の相手に営業をかけたりするときは

自分の同会星がご縁を広げてくれるものなので、

同会の星と自分の星で縁日を割り出していく。

縁日はどう使う?・見方

年盤の上の自分の本命星に

同会星や相手の星が日盤で重なる時、

また、年盤上と日盤だけでなく、

年盤上と月盤、月盤上と日盤、という使い方も

ケースによっては有効のようです。

いろいろ活用してみて効果を実感してみてください。

縁日体験談①

縁日を見るのに気学手帳が便利です。

合わせて線路日を使うと良い場合もあります。

あると便利な2020年度の気学手帳紹介

詳しくはメール気学塾にてお教えしています。

happy_kigaku@yahoo.co.jp