日盤吉方(ひばんきっぽう)の取り方

日盤吉方取りとは

日盤吉方取りとは、その日の”自分の”吉方位に行く、開運行動の一つです。

  • 吉方位は個人個人で毎日違います。

家を出て一番最初に吉方に行って飲食を取ることで、その日一日の”吉の心構え”を得られます。

  • “吉の心構え”を持てば、吉=プラスにつながる行動が出来るようになります。

そして継続して取ることで、どんどん”吉に対して敏感”になっていきます。

  • “吉に対して敏感”になるということは、吉=プラスに反応出来るようになることなので、どんどんチャンスが増えます。

日盤吉方取りの基本的な方法

①家を出て一番最初に、750m以上離れた吉方に行く。

②喫茶店、ファーストフード、コンビニ、自販機など、買うだけ買って持ち帰るのではなくその場で飲んだり食べたりする。

  • その際、常温のものではなく、温められたものや、冷やされたものをとる。

◆細かい部分や、滞在時間など、大事なポイントについては混乱の元になりますので、気学講座内にてお聞きください。