自分を作る

先日NHKのプロフェッショナルの流儀で本田圭佑さんの回を見ました。

あとで検索したら、色々反応があってちょっと驚きましたが、私はサッカーはよく知らないし、本田選手という人物についてもサッカーの選手という以上にはあまりよく知りませんでした。

それでもこの回の番組は手芸の作業中、繰り返して流しながら聞いていました。

何というか、ある程度以上のアスリートにはきっと多かれ少なかれあるのでしょうが、その意思の強さが、インタビューの声を聞いていると感じられて、私も自分という人間をしっかり作ろう、と思えたので。

確かに予告にもあるように本田選手にとって「プロフェッショナルを今後ケイスケホンダにする」という意味はちょっとわかりづらくも思います。

http://www.nhk.or.jp/professional/2018/0514/index.html

でも本田圭佑という人間の生きざまを見せる、ということなのだろうなと思いました。

そしてこれは本田さんだけに言えることではないと思うんですよね。

誰でも自分という人間、一個人として、どういう自分の人生を生きるのか、ということは、何だか持って生まれて簡単には変われない自分をベースにその自分の範囲で出来ることでしか普通考えないのが一般的で自分もそのうちの一人だったと思います。

でもTOEで自分の持って生まれた性格なんて無いという言葉は衝撃で、確かに周囲の評価や、自分の思い込みが自分の性格を作っている。

そして五大真理を学ぶと名前は姓名であり生命であり声明と学びます。

自分の人生は名前という形が強く影響していて、その名前の通りに生きようとする。

だからそれを逆手に取ればいい。

名前を整えて自分がなりたい自分を作っていく。

名前を整えることは形を作ること。

形を整えるから心を変える近道になるし、プラス、自分を自分で作る、という発想を持つことでも変わっていける。

どういう自分を作っていくのか。

自分で自分をプロデュースする。

それには自分の持っている特徴を知り、やりたいことを明確にして、そのために必要なものを整える。

気学の学びも一つだし、名前を五大真理で整えることも一つ。

気学を学びたい方、五大真理姓名鑑定で名前を整えたい方は下記までお問い合わせお申し込みお待ちしております。

happy_kigaku@yahoo.co.jp