六白金星と苦労

六白金星の人は頭がいい。

何が最善かしっかり調べ、最短距離を進んでいく。

確かに機械なら効率よく動かす技術は大事だけれど、でも人間は機械じゃない。

いろんな感情があって、白黒はっきり決められないこともあって、苦労だって回り道だって「経験」となるから無駄にはならない。

無駄に思えることを積み重ねて発展に結びつけるのは三碧木星。

白黒つけずに人間にしかできない微調整、絶妙なバランスで繁栄していくのは四緑木星。

金星にとって木星は相剋の星。

そこをつなぐものは一白水星の苦労。

苦労を経験した先にしか見えないものがあるはず。

自分に必要なことは必ず自分の元に起きてくる。

それを好き嫌い、損得で分けずに受け入れることが自分を成長させる最短距離。

常に頭で情報をきっちり整理して進みたいかもしれないけれど、水のようにどこに流れていくかわからない、流されるまま流れてみる、という経験も貴重な何かを得られるはず。

happy_kigaku@yahoo.co.jp