家相、地相、東側のサイン

東=三碧木星=発展の星

PPS_chiisaihachinosu_TP_V今日東側の庭のすぐ背が高く伸びる植木の剪定をして、東側の見通しがよくなった。

すると、その後すぐに南東側に蜂の巣の出来かけを発見し、びっくりしたけれど、無事蜂を追い払えた。(写真は借り物「ぱくたそ」さん)

気学を勉強する前の我が家の東側の状況は、

  • 定期的に東側にあった古い汚水枡に木の根が張って困ったり、
  • 家から出る道路の東側にも南東側にも路駐されて車が出しにくかったりした

でも勉強して最初のひと月ほどで南東の路駐が無くなり、二年目には東側の路駐も無くなり、汚水桝の交換もしてもらえた。

またそれに伴って、やっぱり長男が以前よりもっと色々チャレンジするようになってきた。

三碧木星のサイン

三碧のサインが出てきた、ということは、一白水星の苦労、二黒土星の陰の努力が表に現れてきた、ということ。

三碧木星は発展の星。

でもまだ実りの星ではない。

だから成果は少なくていい。

大事なのは、どれだけチャレンジするかどうか。

ここからはやれるだけのことを、とにかくやっていく。

そうしておけば秋の収穫の頃にはたくさんの実りとなる。

チャレンジの意味

チャレンジ、というと、何か自分の好きな事ならやれるかもしれないけれど、そうでないことはどうだろう?

三碧木星には声という意味がある。

声がかかったことでも嫌なことがあれば、それはちょっと…と尻込みしてしまうのでは?

でも声がかかる、ということは三碧のチャンスが舞い込んでいること。

何でもやってみる、という三碧木星の性質からすれば、「嫌」という自分のフィルターでチャンスを逃さないようにしたい。

サインを逃さなくなる九星気学(社会運勢学)に関するお問い合わせ、ご相談は下記までお願い致します。

happy_kigaku@yahoo.co.jp