吉方取る人、取らない人

吉方を取りたくない人

せっかくいい吉方がある、と言われても、

  • 引っ越しなんて無理
  • 仮吉方なんて面倒なことしたくない

という人は多い。

旅行ぐらいだったら…というかもしれないけれど、旅行だって帰宅したら、気分はリフレッシュし、数日間家を空けても、何だか部屋がよそよそしく感じることもある。

だったら75泊も外泊すれば、どれだけ変化が感じられるか想像がつくのでは?

幸せにはなりたい。

でも、吉から遠い人ほど簡単なことしかやりたくないし、吉から遠い人ほど仮吉方は面倒だと感じてしまう。

吉から遠い人

猫背の人は意識しないと猫背は治らないし、正しい姿勢が習慣づくまでは、猫背のまま、体に悪い姿勢の方がラクだし、意識して姿勢を正すことは面倒に感じる。

それと同じ。

吉から遠い、ということは、大きな幸せにどんどん近づける生活習慣から遠い、ということ。

特に猫背の酷い人は矯正に時間がかかる。

姿勢は悪いより、いいほうがいい、ということはわかっていても、そんなに時間がかかって面倒なことをするより、別に猫背のままでいいや、となってしまう人がいることも頷ける。

特に、猫背が酷ければ酷い人ほど、別に姿勢なんて悪くてもいいし、と開き直ろうとしたり、猫背がもたらす悪影響、という話を聞いたとしても、そんなの信じない、こじつけだ、全員がそうなるわけじゃない、などと言ったりするのではないかな。

三匹のこぶた

子供の頃の絵本で読んだ「三匹のこぶた」。

ワラの家もいい。

簡単に出来てすぐに住める。

でも将来的なことを考えれば、時間と手間がかかってもレンガの家がいいのでは?

ということを教えてくれる童話。

今、すぐ目の前の面倒さ、不便さにとらわれて、簡単なワラの家に住むのか。

時間がかかってでも、長く使えるレンガの家を作るのか。

どちらを選ぶのかは自分次第。

吉方旅行、吉方取り、吉方引っ越し、仮吉方、などのご相談のお申込み

下記までメールにてお願い致します。

happy_kigaku@yahoo.co.jp

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s