一進一退

すごく順調!と思っていても、気分の落ち込みはあっという間だったりもする。

今からの自分は過去の延長ではない。

そう思っても、やっぱり自分の中の無意識下の部分は、簡単には変われていない。

大丈夫と思おうとしても、体が、そんなこと思ってないでしょと反応を返してくる。

今からの未来は変えられる。

新しい習慣をつけるのには時間がかかるのは当たり前。

赤ちゃんがいきなり歩けないのと同じ。

ぶつけて、転んで、でも、立てたときの喜びを想像して、立ちたい一心でトライする。

誰だって生まれたときは、転ぶことの怖さより、夢中で立ちたいと思える強い意思を持っているはず。

目標に突き進む気持ちは九紫火星。

だから赤ちゃんみたいに転んでも、何度でも起き上がってトライ。

目標に突き進む気持ちは九紫火星。

九紫火星には復の意味がある。

何度でも繰り返すから、その姿は輝いて見える。

今日は亡くなった芸能人の方のニュースから、亡くなった父のことも思い出したりした。

九紫火星は離宮でもある。

体から離れるとき、亡くなる前には何を考えるのか、想像もつかない。

でもいずれは誰しもに訪れるもの。

生きているだけで本当に丸儲け。

やりたいのか、やりたくないのか。

失敗が怖いなんて言ってられないはず。

赤ちゃんの頃は思い出せないけれど、あの時出来て今出来ないはずはない。

リスタートだ。