苦しい時

苦しい時って、これはいつまで続くんだろう? と思ってしまうことと思います。

占いでは今年いい年って言ってたのに…と思うこともあると思います。

気学でも運気の流れというものはあって、

確かに今年は盛運気と言われたのに、そうでもない…と思うようなこともあると思うのですが、

それは鑑定が外れた言い訳ではなく(笑)、確かに運気に乗れる人乗れない人ということはあるのです。

運勢的には盛運気でも、やっぱり行動を起こさない方には何も起きてこない。

バスに乗って、電車に乗って、乗ればどこかには行けますが、

乗らずに停留所でバスを眺めるだけ、駅で電車を眺めるだけ、ではどこへも行くことはできません。

まずは行動。

とは言っても漠然としているかもしれませんが、

まずは早起きからでもいいのです。

そして毎日のお掃除。

自分は絶対変われる、と思って毎日続けてみてください。

毎日続けることは九星でも二黒の星が担当し、人間の基盤を作っていきます。

基盤が出来れば、何か人生が動いていきます。

あとは、不要なものも捨ててみる。

私の母も随分わかっていても洋服など捨てられなかったようですが、

日盤吉方取りをするようになって、だんだん捨てられるようになってきたと言っていました。

日盤吉方取りを毎日続けることも一つの積み重ねです。

また、目標ノートをつけてみる。

これは正直自分でもなかなかたくさん書き込むことは難しいです。

思い浮かぶようで、なかなか思い浮かびません。

でも今朝、テレビ東京系列の朝の番組「モーニングサテライト」の中の

【リーダーの栞】というコーナーをたまたま見かけたのですが、下記公式サイト内から引用させていただきますが、

「携帯ゲームの開発を手掛けるエイチームの林社長が紹介する本は

経営コンサルタント神田昌典氏の「非常識な成功法則」です。

リストラ経験から一転、どのようにして長者番付に載るまでになったのか。

成功の秘訣が書かれた一冊です。」

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/bookmark/post_69581/

こちらの本で紹介されていたそうなのですが、なんと、やりたくないことを書き出すのだそうです。

確かにそうすれば、やりたいことが具体化するかもしれないですね。

おもしろい方法だと思いました。

とにかく、あれこれ書きましたが、あとは星によっても、自分に合った動き方もありますので、

ぜひ生年月日を添えてメールにてご相談ください。

happy_kigaku@yahoo.co.jp