ラッキーカラーの割り出し方【実践気学の基礎ノート】

気学のラッキーカラー

ラッキーカラーに必要なもの

ラッキカラーは、まず最大吉方を割り出します。

  • 生まれた年から見る本命星
  • 生まれた月から見る月命星

それぞれの星の共通の相星が最大吉方になります。

例)本命星が三碧木星で月命星が七赤金星の場合

  • (本命星)三碧木星の相星→一白水星、四緑木星、九紫火星
  • (月命星)七赤金星の相星→一白水星、二黒土星、六白金星、八白土星

三碧木星と七赤金星の共通する吉方は一白水星=最大吉方は七赤金星となります。

そしてその最大吉方の九星が担当する色がラッキーカラーになります。

例)最大吉方が七赤金星の場合、担当する色はピンク、オレンジになります。

ラッキーカラーの二種類の見方

日盤の最大吉方の、後天定位の九星の担当する色が、その日ラッキーカラーになります。

例)日盤・九紫中宮で、最大吉方・七赤金星の場合

九紫中宮の盤面で、七赤金星は東に廻座

→東は後天定位・三碧木星

→その日のラッキーカラーは青になります。