最大吉方の色を選ぶ

自分が幸せになれる色

身の回りのものを選ぶとき、あれこれ吟味して選ばれることと思います。

内容もさることながら、色使いも多種揃っていて迷いませんか?

どうせなら、自分を「伸ばす色」があります。

自分の生まれ年、生まれた月から見えてくるもので、それが最大吉方の色です。

どんどん身の回りに取り入れたいものです。

どうして最大吉方の色がいいのか?

お葬式の会場ではしめやかに。

結婚式場では華やかに。

明るい色、暗い色、それぞれに視覚から感じ取るものがありますよね。

ただ、植物も生物も、みんな自分に合った性質、居場所、空間、というものがあるように、人にも、自分が心地よい空間、色などがあります。

それは自分が好き、嫌い、苦手、という感情的なものでも分けられますが、気学でいう最大吉方の色は、自分が幸せになるために必要な色のことを示します。

本来自分にズレが無ければ、幸せになるために必要な色が好きだったり、そういう色を自然に多く選ぶようになります。

でも思考の癖、凶方への移動、凶名前などの影響で、幸せを感じるアンテナがズレてしまっていると、自分を幸せにする色を遠ざけたい気持ちになってしまうのです。

だから気学で自分の最大吉方を割り出し、自分にとって何が本当に幸せに導いてくれるものなのか、ということを知ることが、自分が幸せになるため、開運していくためにとても必要なことになります。