人が面倒だと思うこと

NHKの番組で、プロフェッショナル、仕事の流儀、という番組を見ました。

今回はマンガ編集者・佐渡島庸平さん、と言う方を取り上げられていました。

http://www.nhk.or.jp/professional/2014/1208/index.html

ドラゴン桜や宇宙兄弟という作品をヒットにつなげた佐渡島さん。

朝早く出勤され、人の倍の速さで3倍の時間働く、という言葉から始まり、

「地道」を超える魔法などない

という言葉へ繋がっていく佐渡島さんの仕事への姿勢に、

思わず釘付けになってしまいました。

頑張っておられる方のお話は本当に刺激になります。

こういう刺激、確かにTVや書籍から得ることも刺激になりますが、

人と接することでしか得られない貴重な刺激があります。

人と接することは面倒なことも多いです。

一人のほうがラクなこともあります。

それでも一白水星は、人間関係の大事さを教えてくれます。

そして一白水星の人間関係がしっかり築けなければ、

親星である金星、お金の星のご縁は当然強まりません。

また子星である木星の成長発展も強まりません。

本に満足することなく、人と接して、そこから得る刺激から

敏感に多くのものを感じたいものです。

佐渡島さんの放送は12日の金曜日の未明にもあるようです。

ちょっと橋下さんに似た佐渡島さんのお話、一見の価値はあると思います。

また生き方を気学で学べるよう、有料ですが、メールにてお教えしております。

ご興味ある方は下記までお問い合わせください。

happy_kigaku@yahoo.co.jp

にほんブログ村 その他趣味ブログ 九星気学へ

にほんブログ村