開運財布選び【実践気学ノート】

身の回りのものは最大吉方の色を積極的に使いたいです。

でもお財布はお金を担当する七赤金星の色=薄いピンクやオレンジが良いと言われます。

七赤金星には出すと入る、という意味があります。

そして、貯まる、止まる、という意味から内側は八白土星の色=ベージュなどを選びましょう。

ただし三碧木星、四緑木星は金星も土星も相星になりません。

だから一白水星の黒だと七赤金星ともつながることが出来ます。

青系のお財布は見栄を張るような結果になりやすかったり、

赤や紫のお財布はお金が消えやすい結果になりやすかったりします。

購入は日盤吉方の場所で。

また名前が整っていない、過去に凶方を取ったことがある、凶家相に住んでいると、なかなか効果を感じることが出来ない可能性はあります。

一つずつ一つずつ吉を積み重ねていくことで、大きな吉へとつながっていきます。

気学メール講座、メール鑑定は下記までお問い合わせください。

happy_kigaku@yahoo.co.jp