追っかけと同じ

自分自身、毎日メールで勉強させてもらいながら、ネットに出ている情報は本当に一部だと思う。

あれだけの情報があるのに?と思うかもしれないけれど。

アイドルでも何でも、追っかけて得られるものはたくさんあるだろうけれど、それはあくまで自分だけのための言葉じゃない。

自分に与えてくれるのは高揚感や夢だけ、ではないのかもしれないけれど、双方向の関係ではない。

ファンは一般の人よりは当然アイドルのことをよく知っていたとしても、家族やプライベートの友達が知るアイドル自身とは違うのと同じ。

自分を自分として接してくれているわけではないのだから、それだけ論点もズレやすく、好きなように解釈してしまえて勘違いもしやすい。

高揚感や夢は確かに必要。

何かのきっかけをもらえたり、次に頑張るための力になったりもする。

でもそれはあくまで自分を身近で支え固めてくれるものでは無い。

足元を固めてくれるのは一白水星の関係、近しい人間関係。

形の無いものに一喜一憂したり、風のように遠い存在に思いを馳せるだけでは、自分の足元、基盤は変われない。

本当に変えたい、変わりたい気持ちがあるなら、追っかけのままでいいのかどうか。

九紫火星には師につく、意味がある。

今年は一白中宮。

九紫火星は南東、繁栄、整いの星に廻座し、本籍地には問題解決の五黄が廻座。

師に付き学ぶことは自分を整え、自分を太らせ、どうにもならない問題を動かし、万初につながる。

メールという距離と時間の難しさを飛び越えてくれる便利なものがあって、自分を変えられる環境が手に入るチャンスがあるのは本当にありがたい。

学びを止めず、変わりたい、変えたい人のために、学んだことは全部伝えていく。