捨てること

九紫火星は「離」という意味があります。

そして同じく「麗(り)」という意味もあります。

これは「離」で不要なものを切り離すことで、「麗」で必要なものをくっつける、ということをあらわしています。

不要なものは捨てた方がいい、ということは世間でもよく言われていますが、これは「九紫」の持つ作用なのですね。

捨てるから新しいことが始まってきます。

ついついあれもこれも手元に置いておきたい、となってしまいますが、本棚でも、スキマが無ければ新しい本を入れることは出来ませんよね。

いつも自分に本当に必要なものを残し、それ以外を手放すことで、新しい吉を取り込んでいくことが出来ます。

これらのことはすべて九星の理解で論理的にわかるようになってきます。

また日盤吉方取りなどをしていくと、その九星の理解が実践的に深まり、自分の気の流れも整うので、どんどん吉作用を得ることにもつながります。

毎日、美味しくお茶を飲んで幸せになれるなんて、なんてありがたい方法なんでしょうか?(笑)

お茶を飲めるぜいたくな時間に感謝、

家で飲まずに外でぜいたくに飲ませてもらえるお金が使えることに感謝、

無事今日も日盤吉方とれたことに感謝、

日盤吉方取りはたくさんの「感謝」が味わえます。

きっとこの「感謝」の気持ちが、どんどん幸せを引き寄せてくれているのだと思います。

最初は胡散臭い…と思いながらでもいいと思います。

行動を起こせるかどうか、です。

気学講座のご案内

気学をメールにてお教え致します。

日盤吉方の取り方、日盤吉方取りの際のコツ、意識したいこと、などを中心に九星の理解も深めていただくことで開運につながります。

自宅のスキマ時間に学んでいただけます。
講座受講中は質問も受け付けます。

詳細はメールにてお問い合わせください。
まず行動を起こすことで今までの生活に変化が起きてきます。

happy_kigaku@yahoo.co.jp