「展望と開運2016」活用

私の勉強している社会運勢学(九星気学)では、年末から年始にかけて、 展望と開運2016「展望と開運」書籍の販売や、「展望と開運セミナー」というものが各地で行われています。

まさしく新しい一年の展望、見通しを読み解き、そこに乗って開運していく、運を開いていくためのお話です。

でも何となく今年は特に2016年に入るまでが大事!

と散々言われたせいか、燃え尽き症候群みたいになっていませんか?

特に今年は丙の年。

不自由さを感じやすい一年、ということもあって、なんだか気持ちが萎えるような出来事も多い気がします。

でもここでモチベーションが下がっていては、今後数年に渡っての成果に大きな影響を及ぼします。

また展望と開運、のお話は、全体のお話とは別に各星の話がありますが、各星の活用は自分の本命星、傾斜星に限らず、今年起きてきたことについての指針としても自分の星以外の展望と開運は役に立ってきます。

まだ2016年始まって2ヶ月。

モチベーションを上げて来年、再来年以降につなげる大事な1年間を過ごしましょう!

運気に乗っていくための九星気学(社会運勢学)に関するご相談は下記までお願い致します。

happy_kigaku@yahoo.co.jp