五大真理の姓名鑑定・読み下し(1)

五大真理の姓名鑑定・読み下しとは

名前は画数だけでなく、陰陽五行など、五つの要素を見ていく見方があり五大真理と呼びます。

その中に読み下しという要素があります。

名前に使う字には、一般的な意味合いではなく、名前に使うと出る意味など、不向きな字もあり、文字の読み下しだけでなく、名前全体としての読み下しもあります。

命名にはもちろん気を付けたいですが、現在使っているお名前でも、人生上のトラブルが名前の影響で出やすい場合もあります。

人生を良くするため、五大真理を整えた通称名などを使う方法があります。

読み下し例

例えば『さつき』は、大木にならない樹木。

その名前をつけるということは、『さつき』という植物の持つ意味合いを受け、大きくなりにくい、という影響が人生上に出やすくなります。

そうすると、そうではない名前の人に比べれば、人生に難しさが付きまとう、ということになってしまいます。

お子さんのお名前と親御さんのお名前の関係

名前というと個人のものではありますが、人は社会と関わっている以上、名前の影響はどうしても自分だけにとどまりません。

子供の名前さえ良ければ…と思ったとしても、育てる親御さんのお名前に苦労の影響があれば、お子さんの人生に影響が出る場合もあります。

お子様の命名だけでなく、親御さんも通称名や、ビジネスネームとして、五大真理の整ったお名前を使うことは、ご家族全体の幸せに繋がることになります。

名前を良くする選択肢

ビジネスネームや通称名として五大真理の整った名前を使っていくことで、人生上のご縁が変わってきます。

多くの人に認識してもらえば、それだけ影響は大きく、変化も早まります。

音まで変えてお名前を整えた場合も、より早い変化に繋がります。

五大真理の姓名鑑定についてのお問い合わせ、ご相談は下記までお願い致します。

happy_kigaku@yahoo.co.jp