五大真理の読み下し(1)

名前に使った時の漢字の意味一覧(1)

下記はごく一例ですが、名前に使うとよくない意味が人生に出てしまう漢字と、その字の意味について挙げてみました。

【瑠】 大きなこぶ。流れを止める

【琉】 ありとあらゆる幸せが流れて消える

【絆】 縛り付けられた、身動き取れない人生

【莉】 内心鋭い刃物を相手に向けているという意味

【葵】 親族の揉め事を生みます。

【楓】 いつも風に吹かれた人生

【心】 人生心配事だらけ、家族がバラバラ

【桜】 苦労が大半の人生になりやすい

【歩】 ちょっと進むと上から止められるという意味

【正】 人生迷路進んでは壁にぶつかる

 

自分が凶名だったら…

これらの一覧にある漢字、これからつける赤ちゃんの名前であれば、使わなければいい、で済みますが、もし今現在使っているご自分の名前に、意味の悪い漢字が使われていると知ればショックだと思います。

でも、気付いた今がチャンスでもあります。

今からでも改名、名前を変えることで人生は好転してきます。

もちろん、戸籍上まで変えることは簡単ではないですが、「通称名」として使うことで効果は出てきます。

音まで変えた改名をすれば、早いと3ヶ月で変化が起きてきます。

本当に知っておきたい名前の持つ運勢と付け方 / 山下 悦史

五大真理の姓名鑑定についてのお問い合わせ、ご相談は下記までお願い致します。

happy_kigaku@yahoo.co.jp