五大真理の読み下し(2)

名前に使った時の漢字の意味一覧(2)

下記は名前に使ったときの、読み下し、という漢字の意味の一例です。

読み下しは、個別の漢字以外にも名前全体も見ていきます。

お子様の命名、個別のお名前については別途姓名鑑定を受けられることをお勧め致します。

どうして自分の人生がうまくいかないのか、要因を探っていき、改善策を見つける手段として自分の名前が五大真理に整っているのかどうか、読み下しがどうなのか、という参考になさってください。

【春】季節・天候は安定感がない。お日様が隠されているため光の当たらない人生

【颯】風の中をたち続けるような人生

【咲】閉じたつぼみの意味が人生にでてしまう

【頼】病気と隣り合わせの人生

【昴】いつも日が当たっていて日陰がない、日照り

【希】男の子に付けると女々しくなって凶

【笑】人名に使う字ではない

【海】母の思いを水にながす人

【陽】太陽は半分は暗闇。人生も半分は暗闇

【篤】動物の「馬」が入っているため、人生不安定

自分が凶名だったら…

ビジネスネームや通称名として五大真理の整った名前を使っていくことで、人生が好転してきます。

気付いた今がチャンスです。

音まで変えてお名前を整えた場合、早ければ3ヶ月ぐらいで変化が起きてきます。

五大真理の姓名鑑定についてのお問い合わせ、ご相談は下記までお願い致します。

happy_kigaku@yahoo.co.jp