病気の心配

スポンサーリンク

母も老齢になってきて、今は元気だけれど、やっぱり病気を心配している。

病気かぁ…と色々昨日考えていて思ったこと。

それは病気になればどうなるだろう?

あれもやりたかったのに、これもやりたかったのに、どうしてこんなことに?

など、色々なことを感じたり思ったりすると思う。

それは人間的成長につながることだと思う。

だから病気は、させてもらえるんだな、と思えた。

人間的成長がもう無理な人はきっと病気もさせてもらえない。

病気という、辛い境地に追い込まれる中で、病気になった人にしか得られない領域に考えを及ぼすことになる。

その深みは、その後の人生に大きな力へ変換されるはず。

そこに気付けないまま、ただそのときの苦しみにとらわれてしまっては、せっかくのチャンスをふいにしてしまうことになる。

自分がその立場になってみなければ確かにわからない。

自分がその立場に立った時にはそんなこと思えないかもしれない。

でも自分が出来るかどうかではなく、宇宙の真理はそうなんじゃないかなと思うから、病気、ということ自体にとらわれるのではなく、病気の先、今そのときにしかわからない気持ちをバネに、絶対やりとげたい思いがあることと向き合う。

そのときの思いの強さが、願いを叶える活力になる。

そう受け取りたいと思う。