日盤吉方取りの効用

スポンサーリンク

日盤吉方取りは、その日出掛ける最初に吉方へ行ってお茶を飲む、という吉の行動を取ることで、その日一日、その吉の行動をベースに過ごすことが出来るもの。

毎日忙しく、そんな時間があるなら寝ていた方がいいと感じる人もいるだろうし、支度が忙しくて、用事が忙しくて、行く暇が無いという人もいると思う。

もし、やることで頭が一杯で、そんなにのんびりお茶なんて飲んでいる暇は無い、というなら、余計日盤吉方取りは取ってみることをオススメ。

気の循環は一白から九紫、そして九紫からまた一白へ戻って、九紫へと向かう。

停滞しないから腐らず成長していける。

九紫火星は離宮。手離す。

何かを離して離した分の余裕が出来るから知恵もわくし、そこに新しいものが始まってくる。

日々のやることでいっぱいいっぱいでは煮詰まってしまう。

ギチギチにつまっている予定を少し切り離してポッカリとお茶を飲むだけの空白の時間を作る。

そうするとその隙間に、新しい何かを生み出す余力が出来る。