人の幸せを願う

スポンサーリンク

人のために活動したり、人の幸せを願うことは良いことのように思える。

でも、どうしても相手の反応によっては、これだけしてあげたのに、何あの態度?となったりもしてしまう。

だからやっぱり常に主体は自分でないと、うまくいかない。

自分がしたいからする。

それ以上でも以下でもない。

自分が快適だからする。

だから相手の反応はあっても無くても構わない。

そういう境地にならないと、「相手の為」は結局のところ自分の主張の押し付けになってしまう。

心はごまかせない。

健康は六白、一白は病気。

六白は全陽、一白は裏。

自分の好意が拒絶されたとき、自分の裏に隠れている思いが見えてくる。

相手の態度を許す、受け入れる、となるのは自分はどの位置からの気持ちなのか。

自分の気持ちが六白の健やかに近づけているのか、実は「いいのいいの」と言いながらも裏の思いが隠れているのか、それを教えてくれるのは誰なのか。

今年は一白中宮。

六白金星は陥入。苦労のスタート。

本当に裏に考えが及びやすい、意識を向けやすい一年。

でも完成に向けて大事なスタートがきれる一年とも言える。

今年ももう後半。

残り半年、しっかり今年の廻座を活かす一年にしたい。