自覚を持つこと

スポンサーリンク

起こった出来事で、星の象意を考えて、これってもしかしてこういう意味かな、こうなっていくのかな?と兆しを見るとき、ついこの見立ては当たるかどうか…となるかもしれないです。

でもそこは当たるかどうか、というより、望む見立ての展開の方向に事が運ぶように自覚して意識していけばいい。

表れた星の象意は今この瞬間までの結果であって、次の瞬間からはまた陰陽どちらかに分岐していくのだから。

自分が望む未来へ向かうために、今起こっていることを星の象意で判断できることは、今をしっかり自覚することが出来て、次の展開のための準備もできる。
気学を知っておくことは本当に使えると思う。

今年は九紫中宮。
離すとつく。
何かが離れていけば、良いものがつく、と自覚して、良いものがつくように今できることをやろうと、と意識すれば、必要な行動が出来て、本当に良いものがつくようになる。
自覚すれば、その展開が早くなる。