自己肯定

スポンサーリンク

自己肯定って何でしょう?

自己を否定している?

自分を認めてあげられない?

親御さんに酷い言葉を言われて育ったり、

寂しい思いをさせられたり、

様々要因はあるようですが。

自分なんてどうせダメ、

何をやってもダメ、

そういう思いが根深く植え付けられている、

という感じでしょうか。

ではどうすれば自己肯定できるようになるのか?

自分はダメじゃない、

何をやっても大丈夫。

そういう自信を持てるようになれれば

自己を否定する、というようなことは無くなるでしょうか?

そうはわかっていても簡単に出来ない?

簡単にできれば自己否定なんてしない?

確かに心を変える、考え方を変える、というのが

たやすくできれば、何も悩むことはないのでしょう。

例えば相談できる人がいれば、何か解決の道があるのかも。

そういう考えはアリでしょうか?

でも所詮話を聞いてもらって何をアドバイスもらっても、

解決するのは自分である気もしますが違うでしょうか?

結局のところ。

自己肯定できる自分になるためには?

自信を持てる何かを作る。

解決は自分にしか出来ない。

でも、

自信を持てばいいとわかっても、そう容易ではない。

解決は結局自分次第、と言われても一人で悩むだけでは

なかなかラチがあかない。

そんな感じでしょうか?

ところで、冬は寒く、夏は暑いですが、

冬は寒いから仕方がない、夏は暑いから仕方がない、

そういうものだ、とサラッと流す人と、

冬は寒いから嫌だ、夏は暑いから嫌だ、と言う人がいたとして。

流せる人のほうがいいでしょうか?

嫌だ嫌だ言う人はどうでしょうか?

流せる人は、そのあるがままを受けとめようとする人柄に、

自己肯定され、安心感を得る人もいたりするかもしれません。

でも、今の時代にクーラーがあったりヒーターがあるのは、

暑いのは嫌だ、寒いのは嫌だ、なんとかしたい、とい思う人がいたから

生まれた商品なんじゃないかな?と思ったりします。

きっと世の中に流せる人ばかりだったら

今クーラーは無く、暑いけど仕方がないよね、となっていたり、

ヒーターも無く、寒さを我慢するしかなかったかもしれません。

だから、嫌だという思いを持つのは、

どこか負の感情のように見えるかもしれないけれど、

それをプラスにしようとすれば

その原動力は強く、大きな成果となってくる。

きっと深く考え悩んだ人は、それをバネに

ぐっと伸びる力は大きい。

要は、嫌だと思う自分を否定しなくていいし、

自分を生かせばいいだけ。

いろんな人がいて、いろいろ担当するものが違うだけ。

では話を戻します。

>自信を持てばいいとわかっても、そう容易ではない。

>解決は結局自分次第、と言われても一人で悩むだけでは

>なかなかラチがあかない。

これをどう解決していくか。

気学では、九つの星があり、それぞれの役割があります。

自分がどういう役割があるのかを知って、

そこを強めていく。

そうすることは自信を強めていく、ということにもなってくると思います。

そして自分一人ではなかなか難しいけれど

自分が何をどうするか決めて動いていかないと

何も変えられない、という部分に関しては

「気」の力を使って、自分の中の力、と外の力、

両方から動かしていく。

「気」の力と言っても何か修行して会得するような難しいものではありません。(笑)

生きていく中で、追い風の吹いている道と向かい風の道があります。

当然追い風の道の方が早く先へ進んでいくことが出来ます。

その道は人それぞれ違ってくるので

その流れを知ること。

でも知るだけではもちろんダメで、

その道を自分がしっかり進んでいくことが大事。

それが出来れば、

自分らしく生きることが出来て、

自分をどんどん向上させて、自信もついてくる。

そうすれば、もう自己否定なんて考えないのではないでしょうか?

そんなことで、と思われますか?

それとも、そんな簡単に出来ない、と思われますか?

でも何か行動してみなくては、何も変わらないのではないでしょうか?

もし気学を活用して自分を変えてみたい、と思われたら、

私が勉強しているマインドズームの気学塾でも気学を取り入れた、自分を生かす方法を得ることが出来ますし、

なかなか遠方で行くことが出来ない、時間が合わない、という方には

私のほうで、有料ですが、ご自分の本来の持ち味、

どう動いていけばそれを伸ばしていけるのか、

というお話をメールにてお教えさせていただいています。

ご興味ある方は下記までお問い合わせください。

happy_kigaku@yahoo.co.jp

にほんブログ村 その他趣味ブログ 九星気学へ

にほんブログ村