五大真理の姓名鑑定・画数

五大真理の姓名鑑定では画数だけではありませんが、避けたい画数はあります。

一文字、組み合わせで避けたい画数

  • 名前の一文字目が9画、19画
  • 名前の画数が9画、19画
  • 名前の一文字目と苗字の一文字の画数が9画、19画

とにかくトラブルが多く、自分も周囲も苦しむような、幸せとは無縁になってしまう画数になっています。

苗字によって避けたい画数

苗字によって、名前の一文字目に3画、5画、13画、15画を使うと、無自覚に人を逆上させてしまうような影響が出る場合があります。

総画数で避けたい画数

  • 28画は刑事事件
  • 32画は、一般人には不向きな画数で、健康を失うような事態が起きやすくなります。
  • 36画の凶は強く、実行力があって一時の成功はあっても晩年は孤独で、体を害する画数と言われています。

その他、20画、22画、28画、30画、40画、42画、43画、44画、46画など

命名で気をつけたい画数の他、選名では使える画数などがあります。

五大真理が整っていない場合に影響が出る画数

14画は「十四」→「ジュウシ」→「重死」の影響が出たり、

人生上、別れが多いと気になる人、結果に恵まれない人に、12画の影響があったりします。

画数を見る時の注意点

画数の数え方が違ってしまえば、願い通りのお名前にならなくなってしまいます。

基本的に旧字で見ますが、五大真理で見る場合の画数は確認が必要です。