記念日だ

スポンサーリンク

2013年9月、月盤が切り替わるのを待って今の勉強をスタートし始めた。

まだ一般の気学しか知らなくて、五黄中宮の月に何かをスタートすることはよくないんじゃないかと思って、まだかまだかと月盤切り替えを待っていた。

あれから丸4年。

今の自分は想像もつかなかった。

こんなに毎日勉強が続いて、こんなに自分の内側が変われるなんて、思いもしなかった。

いつぐらいだったか、勉強の途中で、これからの目標について、一つ提案してもらったことがあったのだけれど、今日たまたまその話が出て、ものすごく不思議な気がした。

あのときは、まさかまさか、と思ったけれど、今日はまさか?ぐらいまで思えるようになっている自分。

九紫吉方で何が変わった?と聞かれる。

勉強の機会が増えた、というと、そんなこと、という顔をされる。

それぐらい今の時代はありがたいことに勉強なんて望めば誰だって出来る存在なのかもしれない。

でも私には本当にこの勉強の機会が与えられたことは、人生の大転換だった。

一年間の課程を終えて他の勉強会だけになった時期があったけれど、九紫吉方は復活の意味もあるし、尊敬する師に会えるという意味もある。

数か月のブランク後、改めて毎日の勉強をスタートさせて2年と少し。

今年は初っ端から気付きの多いスタートだった。

でもその中でも、特にこの土日、月曜、火曜日、そして今日。

この数日は特に大きな気付きがあった。

それで本当になんだか、色々しみじみ思えて振り返ったら、そろそろ今日か明日ぐらいが記念日だったと思い出した次第。

こんなにじっくり振り返ったり、考えたりする時間が持てることも本当にありがたい。

九紫吉方と一緒に取った八白吉方は止まって蓄える意味がある。

怒涛のように走っている中では絶対わからなかったと思うことばかり。

今までは穴埋めだった気がする。

今からは積み上げな気がする。

なんだか、すごくスタートラインに立った気分。

それがちょうど、ちゃんと、5年目突入、という日に合ってきているのが嬉しい。