もし自分が病気になったとき

スポンサーリンク

例えば今、身近な人が病気になったら、やっぱり吉方移動を試してみて欲しいと思う。

でももし自分が病気になったとしたらどうだろう?

自分の体の不安を抱える中、いくら近しい人間でも

そんな吉方移動なんて引っ越すだけでどうにかなるなんて…と思ってしまうかもしれない。

ちょっとだけの知り合いだったらきっと怪しいと思って信じないだろう。

自分が何を信じるかは人それぞれ。

きっとそれまでの行動によって

土壇場のところで正しい言葉に耳を傾けることが出来たり、

正しい言葉なのに信じられないと思えたりするのだと思う。

だから、今、目の前のことばかりに目を向けるのではなく、

何かあったときに判断を間違わない「自分」を作ることが大事。

気学は9つの星で、いろんな角度から人間の生き方について教えてくれる。

自分の本命星だけを知ればいいものではない。

引っ越しの方位のことだけをわかればいいのだけではない。

明治維新までは10歳までに論語や孟子、易を丸暗記させたらしい。

そして、そのときはまだ意味は教えない。

でも10歳以降で武術を習ったりする中で、10歳までに学んだ知識を

自分なりに理解していったのだとか。

けれど第二次世界大戦以降、そういったことをすべて捨ててしまい今の日本がある。

発展した部分も大きいかもしれないけれど

逆に西洋の方が、古くからの東洋思想がとても素晴らしいものであるとわかって

どんどん見直されているらしい。

精神面の柱となるものを少しでも日本でも取り戻していくために

先生がそう簡単には変わらないだろうけれど、嘆いていても始まらない、と活動を始められたのだそうです。

時代と共に無くなったり、形を変えたりするものはあるけれど、

私はやっぱり先生が教えてくれる古くからある東洋思想というものは

小さい頃から習っておけば、どんなによかっただろう、と思えるから

少しでも多くの方に早く知るきっかけとなれば、と思います。

お問い合わせは下記まで。
happy_kigaku@yahoo.co.jp

にほんブログ村 その他趣味ブログ 九星気学へ

にほんブログ村

?