気学を楽しむ・三碧中宮

スポンサーリンク

今日は三碧中宮。

 

今日は下記の記事を見かけました。

「きょうは「チンアナゴの日」…にょきっとユラユラ」

きょうは「チンアナゴの日」…にょきっとユラユラ : 社会 : ニュース
11月11日は「チンアナゴの日」――。東京都墨田区のすみだ水族館で、並んで水中をゆらゆら揺れるチンアナゴたちの姿が来館者の目を楽しませている。 チンアナゴはアナゴ科の魚で、同館は約300匹を飼育。砂の中からにょきっと体

 

三碧木星の人は

いつもどこか動いている。

 

じっとしているように見えても

靴の中の足指が動いている。

 

そんなふうに学びました。

 

気学は、当たっている当たっていない、

という判断で終わってしまうのではなく

 

三碧木星の年に生まれた人なら

それぐらい動きたくて動きたくて

たまらないぐらいの気持ちがあるはずなので

 

ジッとしている方が心地良いとしたら

まだまだ自分自身を活かしきれていないかもしれない

ということを教えてくれます。

 

自分はどうなんだろう?

と、思われる方は一度ご相談下さい。

happy_kigaku@yahoo.co.jp