セールスの方に会う

スポンサーリンク

今日は出先で思いがけずセールスの方に会いました。

以前なら絶対避けていた感じでしたが、最近は一応何でも声をかけてもらった縁を大事にしてみよう、と思ってお話を聞いてみましたが、気持ちの良い時間を過ごせて、知らなかったことも知ることが出来、やっぱりよかったな、と思えました。

人と交わることは一白水星ですが、その一白水星は万初の星。

なるほど、確かにその方と接した後、またちょっと自分の中での小さな変化を感じます。

セールスというと、何か断れずに買わされてしまうのでは…とつい危惧してしまいがちですが、何事も起こってくることにはそれが必要な原因あってのこと。

だから起こってくることはすべて自分に必要なこと、と受けとる。

そうすればチャンスも増えるし、何か失敗に思うことでも、勉強にもなって成長につながる。

じっくり考えてみれば、セールスを避けるということも、セールス=自分に損を与えるもの、という意識がちょっとあったかもとも思ったりしました。

もちろんまったく必要性の無い場合もあるし、騙そうとする場合や無理に押し付けよう?とするような場合もあるのかもしれませんが、最初から自分に損を与えるものと考えるのもおかしなもの。

何でもとりあえず素直に受け取ってみる。

人との関わりは、やっぱり何かをもたらしてくれる、と感じました。