「贅沢」を買う

スポンサーリンク

今朝も日盤吉方取りをしてきました。

朝の澄んだ空気を感じながら、少し秋らしく色づき始めた木々を見て、

温かいコーヒーをいただいて。

なんて贅沢な時間だろう、と幸せな気持ちになりました。

朝、そんな時間なんて無い、という方もいるかもしれませんが、

少しだけ早起きして、少しだけ贅沢な時間を感じてみると、

きっと何か気持ちの中で変化が起きてくると思います。

そしてその気持ちの変化は、周囲の状況、現在の状況を変化させていく大事な変化の糸口。

周りなんて簡単に変えられない。

だって自分の気持ちですら変えるのは難しい。

でもその糸口は本当はいろんなところにあることに気学を勉強していて気付かされる。

そして、幸せの感度、という記事でもちらっと書きましたが、

大きな幸せは一見とても幸せそうに見えて、その幸福な気持ちは長続きしないもの。

小さな幸せの連続のほうが、幸せの実感は長続きするもの。

それと贅沢も、きっと同じ。

一年に一度の贅沢も勿論いいけれど、

毎日100円ちょっとで、味わう贅沢。

家で飲めば安く飲めるのはわかっていても、

わざわざ出向いて外でコーヒーを買って飲むことの贅沢さ。

それぐらいたいした贅沢ではない、と思える人もいるかもしれないけれど、

贅沢な人は贅沢な人なりに、贅沢にお金を使えることの幸せを感じる気持ちを持つことが

大事かなと思います。

自分が幸せを感じれば、人を幸せにしたい気持ちになるし、

人を幸せにすれば、自分にも幸せが返ってくる。

幸せのスパイラルですね。

毎日100円ちょっとの贅沢。

ひと月にして5千円弱ぐらいでしょうか。

毎日忙しさに追われ、何に使ったかわからないうちに減っていってしまうお金。

それより、わざわざお金を出して買ったコーヒーを飲む。

もったいないように思えるかもしれないけれど、もったいない、とだけ思ってしまうのでは

きっと吉は遠い。

そうではなく、100円ちょっと出してコーヒーを飲めたことに幸せを感じたり、

来年にはコンビニコーヒーではなく、ホテルのコーヒーを

毎朝優雅に飲めるような生活を送るぞ!と野望を抱くのもアリだと思います。

気学は目標を持って突き進むための追い風を吹かせるもの。

一杯のコーヒーから、元を取ってやろう、ぐらいに思って

いろいろ夢に考えを巡らせるのも手です。

毎日、自分専用の吉方で、コーヒーを飲む贅沢を始めてみられませんか?

日盤吉方取り講座のお問合せは下記までお待ちしております。

happy_kigaku@yahoo.co.jp