九紫火星という星

怒りという感情は意外と大事だと思えた。

怒るから手離せる、ということはある。

九紫は離宮であり、燃える火の星、衝突の星。

怒りに燃えるから、やってやる!という感じの力の原動力になることもある。

やっぱりどんな出来事も、活かそうと思えば活かせる。

それを悪、とらえるかどうかは人間の心の判断。

「怒りが沸いた=悪い感情が沸いた、腹が立つ、マイナス気分にさせられた」

というのではなく、

「怒りが沸いた=怒りが沸いた」

ただあるがままそのまま。

そこから、人を責める感情に走るのか、そのおかげでやってやる!という奮起の感情をもらえた、と喜ぶのか、分岐があるだけ。

前にバカリズ●さんのドラマに人生の分岐点に戻れるタクシーのお話があったけれど、実際の人生は分岐点には戻れない。

だからやり直しのきかないことを自覚して、それを嘆くのではなく、もっと分岐を大事にすればいいこと。

分岐していくから今までの道から外れることが出来る。

今までの道から外れることが怖い、外れたくない、今までのままの道でいい、というならかなり思考がマイナスに向いていると言える。

次の道が今まで以上に良くなるビジョンがなければ、本当に今までより悪いビジョンの通りの道を進むことになる。

怒る。

それは捨ててもいいものだからこそ、ふんぎりのチャンスをもらった、という角度で見てみる。

怒ることは悪、みたいにして、怒らない怒らない、冷静に…とごまかしてしまえば、ストレスとなってこじれてしまう。

知恵があれば次につなげることが出来る。

自分の中に不要なものが無いか、手離すべきものが無いか。

怒ったとき、ちょっと考えてみて、手離してみると、新しい何かが始まってくる。