名前が悪いと知った時

自分の名前で、そんなことで人生が切り替わるなら…と思えるなら、名前を変えればいい。

何も戸籍から変えないといけないわけではなし、通称名として使うことで人生は変わるのだから。

でも例えば家族の場合は、どんなに変えるとよくなるのに…と思っても本人にその気が無ければ無理な話。

変えたがらないことに対して文句を言うのも違うし、強制するものでもない。

今本人はまだ”そのタイミング”でないだけ。

でもそれは自分が変化すれば変化するかもしれないこと。

まずは自分が切り替えていくこと。

家族が凶名であるならば、そこから読み取れる気質によって対応してあげる。

気学と同じ。

相手と合わないから相手が悪い、という考え方ではなく、相手の気質がわかれば、こちらがそれに合わせればいい。

ただし、気学の相性は凶ではない。

でも名前の凶は人を巻き込む凶もある。

だからこそ自分が変わること。

自分が変われば人は変化する。

何かの拍子にその家族も吉名に変えたいと思えるようになるかもしれない。

周囲は自分を写す鏡。

家族が悪い、のではなく、家族が自分の成長ポイントを教えてくれもするし、変化の度合いも見せてくれるバロメーターにもなる。

名前の凶が吹き出す前に、気付いた時がチャンス。