五大真理の姓名鑑定・読み下し【芽】

スポンサーリンク

五大真理の姓名鑑定・読み下しとは

名前は画数だけでなく、陰陽五行など、五つの要素を見ていく見方があり五大真理(ごだいしんり)と呼びます。

その中に読み下しという要素があります。

名前に使う字には、一般的な意味合いではなく、「名前に使うと出る意味」など、不向きな字もあり、文字の読み下しだけでなく、名前全体としての読み下しもあります。

お子様の名付けの際にはもちろん気を付けたいですが、現在使っているお名前でも、人生上トラブルがお名前の影響で出やすい場合もあります。

人生を有意義なものにするため、五大真理を整えた通称名などを使う方法があります。

名前に使う場合の【芽】という字について

【芽】は、名前に使うと「牙を隠し持った人」という意味があります。

心に闇を抱えやすくなります。

お子様のお名前を考える際には、十分ご検討下さい。

命名のご相談もお受けしています。

もし現在のお名前に使われている場合、人生上、ご苦労があるとしたら、五大真理を整えることで、ご縁が変化してきます。

五大真理の命名、通称名、ビジネスネーム等のご相談は、下記までお問合せ下さい。

happy_kigaku@yahoo.co.jp