名前の影響

名前は自分の人生の宣言。

上司とぶつかりたいと宣言する名前。

波乱万丈を望むと宣言している名前。

病弱になりたいと宣言している名前。

意味を知っていたら絶対宣言しないはずの言葉を、名前という形で常に宣言し続けているのと同じ。

当然自分も苦しい。

でも考えてみたら自分だけじゃない話。

自分が上司とぶつかりたいと宣言すれば、上司が自分を責めるような、何か対立する意見を持ってくる。

自分は上司とぶつかりたいので反発する。

当然上司も気分のいいものではないことは想像できる。

自分だけが上司とぶつかってイライラして嫌な気持ちになっているだけではない。

上司の態度すら自分の宣言のままに動いてもらうことになる。

自分の名前によって、誰かをも巻き込んでいる。

孤独になりたいと宣言する名前ですら、孤独という状況を作るために、周囲が声をかけない選択をさせられる。

周囲は声をかけたいと思う気持ちがあっても、それを本人の拒絶によって押さえる、ということは、やっぱり周囲にとっても辛いことではないだろうか。

こう考えてみれば、自分だけ不幸を我慢すればいい、自分が不幸なぐらいは平気、という考え方は、我儘と言えるのではないか。

やっぱりどうせ自分はこういう生き方をしたい、という宣言をするなら、前向きで人をマイナスに巻き込まない宣言をして、自分もその宣言の通りに頑張り、周囲にも助けてもらい、幸せだな、とつくづく感じる人生を歩む方がいいのではないだろうか。

わざわざ人を傷つけられて嬉しい人も、傷つけて嬉しい人もいないと思う。

自分の理想はこんなふうに人と関われることなのに、いつもいつも失敗する。うまくいかない。

そんな人は、日々の自分の名前という宣言が、そうさせてしまっているかもしれません。

人にやさしくして、自分も幸せだと感じたい、という方は、ぜひ一度名前がどうなのか鑑定して、自分の宣言内容を知ってみませんか?

また、そこからなりたい自分に近づくための宣言が出来る名前を考えて、選名という形で通称名を使ってみませんか?

五大真理の姓名鑑定、気学鑑定、今後の運気、合わせた総合鑑定は1万円です。

お申込みお問合せお待ちしております。

happy_kigaku@yahoo.co.jp

五大真理姓名鑑定を修得されたい方→五大真理の姓名鑑定メール講座案内