赤ちゃんの名付け、命名

キラキラネームじゃなければいい?

N811_arukidasukonekocyan_TP_Vインターネットの検索で「名付け」と検索すると、合わせてキーワードとして候補に出てくるのが「古風」でした。

一時期のキラキラネームに違和感を覚える人が増えてきたのか、落ち着いた名前、堅実な名前として「古風」というキーワードでよい名前を我が子につけよう、とされているのでしょうか。

そこまでの思いがあって名前を考えよう、とされているのだとしたら、一般的に売られているような画数しか載っていない「命名辞典」や「名付け本」、インターネットの無料画数鑑定などで名前を考えるのはもったいないです。

画数鑑定だけでは足りない

ニュースで事件や事故に遭われた方のお名前を見ていると、画数はいいのに…ということが多々あります。

せっかく、よい画数で幸せになって欲しい…という願いを込めて命名されたことと思いますが、画数以外の要素の影響はやっぱり大きいと感じます。

途中で改名することは不可能ではありませんが、三大原則・五大真理の姓名鑑定で整った吉名前をつけたお子さんは、吉名前の通りに育ち、親御さんとしても安心して成長を見守ることが出来ることでしょう。

ぜひ三大原則・五大真理の姓名鑑定で整った吉名前を、生まれてくる赤ちゃんのために、ご両親で考えてみられませんか?

胎教を兼ねて漢字と触れ合う

妊婦さんで少し自由な時間があれば、特に胎教もかねて漢和辞典で字の意味を調べ、三大原則・五大真理の姓名鑑定を学んでみる、という選択肢もあると思います。

三大原則・五大真理の姓名鑑定は、赤ちゃんの命名だけでなく、人付き合いにも大変役に立ちます。

一度覚えれば、産後、ママ友とのおつきあいの際などにも姓名鑑定の知識は役立ちます。

子供さんの名前だけ吉名にしても足りないこと

また吉名前にするのは赤ちゃんの名前だけでは不安もあります。

ご両親が凶名の場合、お子さんだけ吉名前にしても、その吉名前にしたお子さんに親御さんの凶の影響が出ることも考えられるからです。

ご両親の名前は戸籍まで変える必要はありません。

通称名や、ビジネスネームとして使って、周囲に認知してもらうことで名前の効果は現れてきます。

本当に知っておきたい名前の持つ運勢と付け方 / 山下 悦史

五大真理の姓名鑑定についてのお問い合わせ、ご相談は下記までお願い致します。

happy_kigaku@yahoo.co.jp