驚きのニュースから

スポンサーリンク

今月は三碧中宮。
嵐の活動休止、大坂なおみさんの優勝など
驚くようなことが起きます。

でもこの三碧木星の驚く、ということは、
突然何かがわいて出てくるように感じますが、
本当にそうでしょうか?

活動休止宣言するには、するに至るまでの過程。
優勝するには、そこに至るまでの練習などの過程。

すべては突然のようで突然ではなく、
水面下で物事は動き出し、進み、
そして目に見える形になって現れているはずです。

気学はそういう兆しをみていくもの。

でも、兆しを見るためのテクニックを身に付ける、というより、

気の活用をとことんしていくことで、
兆しに気づける「自分」になってくる、ということが大事だと
私は考えています。

同じに思えるかもしれませんが、
少し違うと思っています。

だからこの小さな違いは、少しずつ大きなズレになってしまうと思います。

私はテクニックを身に付ける気学ではなく、

気、という目に見えないものを意識する習慣が

目に見えない人の裏側の気持ち、
目に見えない遠くの世界の人の思い、

そういうものに気づける「自分」になるための気学をお伝えします。

そういう目に見えないものに
思いを馳せることが出来る「自分」に近づいていくと、
小さなことにイライラせずに済むようにもなっていきますし、

それ以上に、自分自身が安定し、
やりたいことへ飛躍していけるぐらいの
自分になれる学びだと思っています。

気学をお教えしています。
大阪近郊の方は対面講座でお教え致します。
happy_kigaku@gmail.com