スポンサーリンク

家相地相(風水)について

風水」というと、お財布やお部屋の色使いという認識があるかもしれません。

風水」は、気学を基本に成り立っている「九星気学風水

周の時代、都作りの発想が「風水」で、主に「地相」のこと。

明治から大正にかけて日本に入って、「家相」として完成されたそうです。

個人の家だけでなく、店舗や会社にも使えます。

開運家相

「家の中の色使い」や「家具の配置」も気になるところですが、

影響が大きいのは

  • 家の張り欠け
  • 凶方での入居
  • 名前の影響

せっかく「家の中の色使い」や「家具の配置」を良くしても

トラブルを引き寄せる元になってしまいます。

家相の基本

家相で影響の大きい「張り」と「欠け」の「張り」は

  • 端からの張り出しが1/3
  • 途中からの張り出しが1/5

これ以外は「欠け」になり、方位によって影響が出てしまいます。

中庭、中央階段も欠け作用があります。

張りのある家の場合

数年おきに壁紙を張り替えるなど、いじればいじるほど良くなります。

欠けのある家の場合

いじればいじるほど凶作用が噴き出してしまいます。

家相の悪い家は、人に貸すと短期間で人が入れ替わって、そのたびに契約料が入るので儲かる、という活かし方もあります。