遠慮

スポンサーリンク

孔子の論語に

「遠慮なければ 近憂あり」

というものがあるそうです。

この遠慮、というのは現在の意味とは少し違うそうで、

遠くの考え、という意味。

五年後、十年後、という時間的に遠いという意味もあれば、

距離的に遠いこと、政治経済に目を向けるという意味もあり、

そういう考えがないと「近憂」あり

足元のことで悩みますよ、

家庭に問題が出ますよ、という意味。

自分の目の前のことばかり考えていてはいけない。

ということは、広い視野を持てば、「近憂」は無くなる、ということ。

そんな話を村山先生の講義では教えてもらえます。

私自身セミナーというと何だかこわい感じがしたのですが

一度話を聞きに行ってからは欠かさず行くようになりました。

いつも、こういう話を子供のころから聞いていれば、今とは違った世の中になるのでは、

と思えます。

小学校の頃、道徳の時間というのはありましたが、

その授業では差別問題ばかりとりあげられていたように思います。

気学の勉強の中には、こういう生きる智慧がたくさん入っていて

知らなかった自分よりは少し豊かになれた気持ちになります。

日々自分向上。

遠慮を忘れず、視野を広く。

今日も村山先生の講義のDVDでですが、いいお話が聞けたなぁと思えました。

社会運勢学(気学)セミナー日程

社会運勢学(気学)セミナーDVD販売


happy_kigaku@yahoo.co.jp

にほんブログ村 その他趣味ブログ 九星気学へ

にほんブログ村

?