幸せなはずなのに幸せを実感できない人

スポンサーリンク

幸せ、というのは、どんなに苦境の中でも実感できるものだし、

幸せを実感していくということは、人を責めることも無くなるし、人に不満を抱くこともなくなってくる。

そして自分を向上させていくことが出来てくる。

だから幸せを実感していく=自分を向上させていくために、

村山流気学である社会運勢学を取りいれる生活をご提案している。

でも幸せを実感できない、という人には2パターンあって、

苦境の中にいて実感できない人、苦境ではないのに実感できない人がいた。

どうして自分は世間で言う「幸せ」のはずなのに幸せだと思えないのか、

ということについて、あれこれあちこちで議論されたり、分析されたりしていた。

少し読ませていただいて、その真理を追究して自分なりにも考えてみようと思ったけれど、

結局のところ、

分析して問題を探るより、前進してしまえば、

原因を追求することは必要?

という結論にたどり着いた。

ざっくりし過ぎでしょうか?

でも気学塾でも言われます。

凶方を知ることで原因を探ることは出来る。

でも吉方移動してしまえば、

どれだけどこに凶方移動したかということは問題になりますか? と。

同じですよね。

幸せなはずなのに幸せに思えない、という人には様々な理由や原因があると思います。

でも結局のところ、そこについて分析しても、その人は幸せを実感できるようになるでしょうか?

なる人も勿論いるとは思いますが、

気学を取りいれた生活をしていけば、頭の中で幸せを実感しよう、と思うだけではなく、

「気」の力との合わせ技になるので、どの人にもそれぞれに合った方法を、

幸せと感じられない理由を分析することなく、取りいれていくことが出来る。

とにかく、何かを変えたいなら、行動を起こすことが大事だけれど、

やみくもに動いても成果が得られず

よほどの根性がある人でないと突き進んではいけない。

だから気学で流れを知って、自分にとっての追い風となる行動を起こしていく。

幸せが実感できない、と

そんなことがいつも心や頭にモヤモヤしている人はもったいないと思う。

モヤモヤすることに目を向けるのではなく、

もっと何に自分は目が輝いてしまうのか、何をしているとき、時間を忘れるような気持ちになれるのか。

そこに目を向けて伸ばしていく。

きっと気付けば幸せだなぁと思えるようになっているはず。

それでも自分が何を好きかもわからない、という迷路にハマッているなら、

何だかわからないけれど、と思いながらでも日盤吉方を取ってみて欲しい。

自分が一番伸びていく場所でリラックスして飲食を取る毎日を続けていけば、

きっと何か自分にとっての「最良」が見えてくる。

毎日のラッキーカラー、ラッキーフードまで取りいれることを考えていたら

もう忙しくて不安を抱えたり、迷ったりしている暇は無くなってくる。

外側が自然に整っていく中で、内側も自然と変化が起こってくる。

有料ですが、日盤吉方の取り方から、自分とはどういうものを持っているものなのか、

今後の課題をどう対処していくのか、

九星の知識と共に、気学を取りいれたライフプランの立て方について

メールにてお教えしております。

ご興味ある方は下記までお問い合わせください。

happy_kigaku@yahoo.co.jp

にほんブログ村 その他趣味ブログ 九星気学へ

にほんブログ村