幸せと気学の知識

スポンサーリンク

今の世の中、無料で多くの情報は得られます。

気学の勉強は私の先生でもあるsyouさん

ブログで随分発信してくださるので

正直お金を払って習わなくてもいいんじゃないかな?と思えるぐらいの情報量です。

でも村山先生も気学塾に来ていれば、気学の勉強を覚えるより先に

幸せになっていきますよ、と言われます。

それは幸せになる考え方が身についてくるんです。

私もsyouさんに習い始めたころ、お金を払った分は質問をたっぷりして

たくさん教えてもらわないと(笑)、みたいな気持ちでした。

でも日々のやりとりの中から、もちろん気学の知識も学びますが

多分syouさんの考えに直接触れたり、

私自身の間違いを正してもらったり、ということが大きかったと思います。

気学はその知識を使うために覚えますし、幸せになるための手段として覚えられると思います。

でも、ネット上で無料の知識を一方的に得ている間は

やっぱり気学の知識を増やそう増やそう、という気持ちが強かったように思います。

気学のテクニックが増えれば幸せになれるような。

でもそうじゃないんです。

大事なところはそこじゃないんだな、ということが

徐々に言葉だけじゃなくて、もっと感覚的に理解できてきます。

日盤吉方をコツコツ続け、名前を整え、出来れば吉方移動、

という土台を固めれば、後は心を変えていくだけ。

心が大事なんだ、ということが理解できて、

吉に敏感に暮らせて、感謝でいっぱいの毎日になることができれば

自然に幸せになっていけるんです。

不幸の中にも、苦労の中にも一筋の救いはある、光はある、と言います。

病気になったからわかること、お金が無いから頑張れること、

すべてが何かステップアップにつながっているんだという気持ちが大事。

そして、こんなふうに考えられるようになって、幸せにきっと向って進んで行けているのは、

私がお金を出し、悦んでもらうことで

きっと今度は私を悦ばせようと精一杯で多くのことを与えてくださり、

結果的に私は多くの悦びを得ることになった。

お金のことを話すのはあまりいい話ではないような風潮もあるけれど、

七赤の担当する代表的なものはお金。

そして「兌」といって、出して入れる、出すことで入ってくる、という法則。

お金は出すことで入ってくるし、悦びも

あの人がこうしてくれたら私もやってあげる、

という考えでは何も進まない。

自分がまず動いて相手を悦ばせることが出来れば、いずれ自分に悦びが返ってくる。

無料は確かに嬉しいけれど、相手の対価を正しく評価して支払うことは

引いては多分自分の評価を正しく対価として受け取れる機会に恵まれていくこと。

自分は一生懸命やっているのに、人からの評価が今一つ、と感じていけば

どんどんやる気は失われていきますよね。

日盤吉方もお金を使ってもったいない、と私も最初は思ったけれど、

出るお金を節約して少ないお金からいかにやりくりすることを考えるより、

いかにお金が入ってくるかを考えて、たくさん入るように頑張ってたくさん使えるようになったら

自分も嬉しいし、お金を消費することは物を売る側としても嬉しいこと。

日盤吉方に使ったお金を、いかに増やせるように自分を高めていくか、を考えていく。

斜め上の目標を持って進んでいく。

syouさんには本当に色々な考え方を教えてもらった。

五黄土星には十二支が無い。

だから師と呼べる人がいない、出来にくい、と言われる。

でも私にはありがたいことに師と呼べる人が出来て多くを学べた。

?
私もsyouさんに教わったことは多くの方にお伝えしていきたいけれど、

syouさんに教わることも本当に多くのことを得られると思います。

?syouさんのブログ「気学は自分の夢を叶え、周囲の人たちを幸せにする」

にほんブログ村 その他趣味ブログ 九星気学へ

にほんブログ村