特別だけど、特別じゃない

スポンサーリンク

サッカーはよくわからなくても、サッカーワールドカップのことはたくさんテレビでも取り上げられて、その活躍は多くの人を沸かせてくれています。

私はプロフェッショナルの流儀で本田圭佑さんを見てから注目していたぐらいですが、あの気持ちの強さは見習わなければ、と思えたし、今回のワールドカップの選手の活躍、監督の采配、共に思いの強さなんだとつくづく感じました。

よく思いだけではダメと言いますが、思いだけで行動が伴わないというぐらいの思いならそんなものたいした思いなんかじゃない。

本気で強く追い求める思いがあるから、苦しいほど追い込んで練習も出来るのだろうし、それだけの時間を捧げることも出来る。

だから、勝つためのプレーも采配も出来る。

それは、何か神がかった特別な一握りの人だけが出来ることなんかじゃなく、誰だって思いさえ強めれば出来ること。

あの人は特別だから、と言う人は、それを言い訳にして自分はそこまで求めることをあきらめているだけ。

九紫の目標を定め、自分に枠を課して律し、そこに向かって突き抜けて進むことで、人から憧れられる存在へとなる。

だからどれだけ活躍している人のことも、特別すばらしいとは思うけれど、だけど特別な力を持った存在とは思わない。

ただ見習いたい意思の強さがあるだけ。