顕現期

スポンサーリンク

九紫吉方を二度取ったことのある私にとって、今月は年盤月盤共に顕現期。

そして私にとって名前の顕現期でもあるので、今日までの時点で、だいぶ自分のやるべきものが見えたというか、これってそういう意味だ、と薄々はわかっていたけれど、なかなかやれていなかったことに納得がいって、しっかりやっていこう、と思える気づきがあった。

でも私が昨年、年月日が一白中宮だったときは、今のような、ぼんやりと見えていたものがやっぱりそうだ、という感じではなく、雷に打たれたような、あまりに大きな気づきがあった。

あれでガラッと私の中の考え方が切り替わった大きな部分があった。

昨年は、四緑の年に吉方を取って三年目。

また昨年の一白中宮の年月の重なったときは、ちょうど仮吉方から帰宅したとき。

帰宅してすぐに、主人との関係性もガラッと変わった。

まだ今月は時間が残っているけれども、どんな変化が起こってくるのか。

今日より明日、明日より明後日と、どんどん成長していきたい。